スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ローズストラップってどうなの? その3

続きです。
一気に書きます。

下に出てくる装備の組み合わせは大雑把なものです。
これがベストという訳ではありません。


(B)隔450の刀でSTP+46の6振りの事情

本体のみで稼げるSTPは35なので、
残りSTP+11をどう振り分けるかという事になります。

ローズストラップの登場で、
以下の様な組み合わせが可能になります。

[サブ]STP+4ローズストラップ
[指]STP+5:ラジャスリング
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[耳]STP+1:ブルタルピアス

そう、頭両手両脚両足をヘイスト装備に出来るんですよ!

ただ、薄金がある人はわざわざローズにする必要はなく、
ポールグリップやプラチナグリップの方が良さそうです。


ではラジャスに手が届かない人はどうでしょう。

・before
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[耳]STP+1:アッティラピアス
[両手]STP+8:八幡篭手
[指]STP+1:エクフォリアリング

これが

・after
[サブ]STP+4ローズストラップ
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[両脚]STP+6:死武者佩楯

こんな感じでしょうか。
両手を別のものにできるというのが大きいですね。


ラジャスがあって、薄金が無い場合は以下の様な感じになると思います。

・before
[指]STP+5:ラジャスリング
[両脚]STP+6:死武者佩楯

これが

・after
[サブ]STP+4ローズストラップ
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[指]STP+5:ラジャスリング
[指]STP+1:エクフォリアリング

こうなり、死武者佩楯卒業となります!

・ラジャスや白虎など未取得
・ラジャス、白虎は持ってるけど薄金は持ってない

という方には痒いところに手が届く装備かも知れません。

ラジャスはあるけど白虎は無い。
白虎はあるけどラジャスは無い。
という方は歯痒い思いですね。
(僕も歯痒いです)



(C)隔480の槍でSTP+54の5振りの事情

では槍はどうなるんでしょうか。

隔480の槍は、STP+54で5振りが達成できます。
STP+35を本体のみで稼ぐとすると、
残りSTP+19を装備で補う事になります。

この19という数字は結構曲者で、
歯がゆい数値でもあります。

普段のSTP+11装備にSTP+8が単純です。
これは八幡篭手をつけるだけで解決しそうですが、
その代わりダスクグローブが装備できなくなります。

例1.死武者まで用意できる人

・before
[両手]STP+8:八幡篭手
[両脚]STP+6:死武者佩楯
[両足]STP+5:八幡脛当

これが

・after
[サブ]STP+4ローズストラップ
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[両手]STP+8:八幡篭手
[両脚]STP+6:死武者佩楯

こうなると思います。
ダスクが風魔になる程度なので、
他のグリップの選択肢がある分、前の方が良いです。


例2.ラジャスまで用意できる人

[サブ]STP+4ローズストラップ
[頭]STP+4:ナイトの兜(*1)
[両脚]STP+6:死武者佩楯
[指]STP+5:ラジャスリング

頭が苦渋の選択です。
いっその事

[両手]STP+8:八幡篭手
[両脚]STP+6:死武者佩楯
[指]STP+5:ラジャスリング

これでも良いかも知れません。
STP以外のパラメータを考慮すると、
(防御とHP+を除く)

・ナイト(*1)+ダスク+ローズ
ヘイスト+6% 攻+5
(*1)ナイトの兜にSTP+4,ヘイスト+3%のオーグメントを付加として計算

・ワラタ+八幡+ポール
ヘイスト+5% STR+2 DA+2%

これを天秤に掛ける事になります。
勿論、ナイトの兜に違うオーグメントを付けるという手もあります。
それを差し引いても、手間を考えると下の方が良いかもしれません。


例3.薄金まで用意できる人

[サブ]STP+4ローズストラップ
[両足]STP+7:薄金脛当
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[指]STP+5:ラジャスリング
[指]STP+1:エクフォリアリング
[耳]STP+1:ブルタルピアス

薄金脛当はSTP+7も勿論ですが、ヘイスト+2%がついてるのも壊れた性能だと思うんですよね。

でも薄金腹巻もある場合、これまたローズをつける意味合いが薄れます。

[胴]STP+6:薄金腹巻
[両足]STP+7:薄金脛当
[指]STP+5:ラジャスリング
[耳]STP+1:ブルタルピアス

これだけでSTP+19いっちゃいますもんね。


隔480の槍の5振り事情ですが、
余り劇的な変化は無さそうです。
(そもそも槍を使う場面は限られます)


・総括
結局ローズストラップってどうなの?




∴一部の人のみ劇的な変化が得られるかも

ラジャスリングの代用を考えている方か、
サルベージ常連の方ですね。

残念ながら僕はどちらも当てはまりませんナンテコッタイ
一気にカンパニエのモチベが……。

とは言え折角ここまで勲章上げたので、
フォースショース貰う事に目標を切り替えます。
両脚でSTR+4もブーストできる装備なんてなかなか無いんだよーっ!


(おまけ)
・6振り>5振りはヘイスト+何%に相当するのか?

つまり何%ならヘイスト装備枠を犠牲にしても良いのか?って事です。

隔450で考えてみます。
6振(WSまで5振り)が
5振(WSまで4振り)になるので、
単純計算したとしても
なんとヘイスト+20%相当!

これにヘイスト装備や八双を付加すると、
ソロでもヘイスト+40%を超えてしまいます。
これにヘイスト、マチマチ等を加えると……?
怖くて考えたくないですね。

ただ、実際に間隔が早くなる訳ではないです。
長らくWSが撃てない状況の場合、ヘイスト装備の方が総ダメージは上でしょう。


追記。
ややこしくなるので今回は竜胆丸について一切触れませんでしたが、
あの武器は正直なところ、非常に中途半端です。

WSダメージ:破軍>竜胆丸>ソボロ
WS回数:ソボロ>竜胆丸>破軍

ただ、手軽に5振りを達成できるので
ソボロと鬼丸を足して2で割ったような性能ではあります。
5振りにしつつ他の部位を攻撃装備で固める事が可能なので、
乱鴉を撃てる人には有用かも知れません。


以上。


スポンサーサイト
 

ローズストラップってどうなの? その2

前回の続きです。

 ローズストラップ
 Rare Ex
 ストアTP+4 カンパニエ:ストアTP+20
 Lv60~ All Jobs



カンパニエでヒャッホイしたい人は取るべきでしょう。
ただ、他のコンテンツでは?というお話。

長くなるので詳しい解説は省きます。


侍は基本、6振りを目指します。

5振りは装備の関係上、今まで現実的な数値ではなく、
ごく限られた人しか出来ませんでした。

しかし、昨今の度重なるバージョンアップにより
様々なSTP装備が追加されのに加え、
両手武器の強化、八双の実装、残心の修正によって
命中も大分確保できる様になったのも大きいでしょう。


それで気になるのは以下の3点

(A)隔450の刀でSTP+74の5振りは現実的か?
(B)隔450の刀でSTP+46の6振りの事情の推移
(C)隔480の槍でSTP+54の5振りの事情の推移



ストアTP(以下、STP)装備の組み合わせを考察していきます。


(A)隔450の刀でSTP+74の5振りは現実的か?

今回の肝です。
命中を全く考慮しなければ可能ではあります。
(雑魚にしか通用しません……)

まずどのようにして74ものSTPを確保するか。

STP+25:ジョブ特性
STP+10:メリットポイント

装備や食事なしで確保できるSTPの限界は35です。
残り39のSTPを装備によって工夫しなければなりません。(*1)

ハイエンドコンテンツ装備郡(*2)には優秀なものが揃っているのですが、
とりあえず抜きで考えてみます。

優秀なSTP装備
[サブ]STP+4:ローズストラップ
[頭]STP+4:ナイトの兜(*3)
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[両手]STP+8:八幡篭手
[指]STP+5:ラジャスリング
[指]STP+1:エクフォリアリング
※STP以外の表記は省略

まだ16も足りません。

[胴]STP+9:死武者腹当
[両脚]STP+6:死武者佩楯
[耳]STP+1:アッティラピアス

これでギリギリでしょうか。

空きスロットが
[レンジ][耳][両足][腰][背]しか残りませんでした。

ここにヘイスト装備を割り当てたいところですが、
このままだと命中が全然足りません。
更に、WS時の着替え装備も思う存分に確保できない為、
へなちょこダメージしか出せなくなってしまいます。
これでは本末転倒です。
雑魚戦では十分かも知れないですが。

では、実践に耐えうる装備とはどんなものでしょうか。

[サブ]STP+4:ローズストラップ
[レンジ]STP+2:ホワイトタスラム
[頭]STP+4:ナイトの兜(*3)
[首]STP+1:剣侠の首鎖
[耳]STP+1:ブルタルピアス
[胴]STP+6:薄金腹巻
[両手]STP+9:八幡篭手+1
[指]STP+5:ラジャスリング
[両足]STP+7:薄金脛当

残った部位に、ヘイスト装備やSTR装備。
[メイン]破軍など
[耳]武士の耳
[両脚]白虎佩楯(ヘイスト+5%)
[腰]スウィフトベルト(ヘイスト+4%)
[背]アメミットマント+1

はは、無理 ヽ(´ー`)ノ

サルベージ品2つと八幡HQ、ホワイトタスラム辺りがネックでしょうか。
人によってはブルタルやラジャス、白虎辺りもきついと思います。(*4)
仕事上、定期コンテンツには参加できないので僕もきついです。

逆に言うと、これらを取れる自信のある人には良いと言う事です。
一昔前までは、実践で5振を達成できる人は限られていました。
万人がレリックや布津、八八王を持てる訳ではありません。

STP+4のローズストラップの恩恵を一番授かれるのは、
最高峰の武器は無いけどそれ以外なら何とかなる!
という冒険者諸氏なのでしょう。


(B)と(C)はまた次回。


(*1) カルボナーラなどの食事を取るという選択肢もありますが、命中が確保できなければ無意味です。

(*2) 裏、空、海、リンバス、サルベージ、エインヘリアル、花鳥風月など

(*3) ストアTP+4というオーグメントを選択する場合に限ります。

(*4) 妥協してアッティラピアスや仙道の外套、エクフォリアリングという手もあります。

誤記訂正:ホワイトタスラムをSTP+1と書いてました。

 

ローズストラップってどうなの? その1

たまには侍らしい記事でも書こうかなと。

侍と切って離せないのがWSですね。これに尽きます。

FF11ではTPが100以上貯まるとWS(技)が使えます。
如何に早くTPを貯めるかに拘るのが侍だと思っています。
そういうジョブ設計がされてますからね。


TPは、主に敵を殴る事で貯まるのですが、
武器によって一撃で貯まる量が違います。

計算式は割愛しますが、侍が装備できる武器の中で大抵の人が使うのは以下のもの。

(A) 隔450の刀 (7.5秒で1回攻撃、得TP11.5)
(B) 隔480の槍 (8秒で1回攻撃、得TP13.0)

普通に殴れば(A)は9回(67.5秒)、(B)は8回(64秒)でTPが100を超えてWSを撃てます。
(1回もミスらない事前提ですが)

普通なら1分も殴らないとWSが撃てないんですが、侍が他のジョブと一線を画す理由がストアTPの存在。


ジョブ特性 ストアTP:TPが貯まりやすくなる。


ストアTP%ぶん追加でTPが貯まるんです。
ストアTP+10でTP10.0得られる武器を使うと1撃でTP11.0貯まるという事。

これによりTP100までの攻撃数が減らせるのです。
侍はこの特性をデフォルトで+25(Lv75)持っています。(*1)
そのうえ、ストアTPつきの装備品を、ほとんどの種類装備できるのが強みですね。


以下はストアTP+いくつで振り数が変わるのかという簡単な表です。

攻撃数 7振 6振 5振
得TP  14.3 16.7 20.0
隔450 +25 +46 +74
隔480 +10 +29 +54
(小数点第2は切り捨てられる)


隔420の刀は使い勝手が悪いだとか、(*2)
ヘイスト装備との兼ね合いが大変だとか、(*3)
意気衝天4振り残心がどうのとか、(*4)

そういうのはいいんです。
他のサイトさんが詳しく書かれてます。

今回は、新しく追加されたストアTP付きの装備、
「ローズストラップってぶっちゃけどうなの?」ということです。


やっと前置き終了。ここから本題。
でも長くなったので本題は次回で。


(*1) メリットポイントで更に+10できます。

(*2) 得TPの関係上、振り数が増えてしまうからです。
    他のジョブのとはまた違った事情がここにあります。

(*3) ストアTPによる回転速度とヘイストによる回転速度を天秤にかけるわけです。
    両方あるに越したことは無いんですが、装備枠は限られてます。
    なので最低限のストアTP装備をし、残りはヘイスト装備が主流です。

(*4) http://sayzoo.blog40.fc2.com/blog-entry-121.html

 
プロフィール
管理者:めざ
メール:
hanaguraonline★yahoo.co.jp
 ★→@
サイト:http://鼻蔵.com
twitter:hanaguraonline

めざ

お洒落にギルをかける猫

おまけ

めざ

きてぃの育ててる首


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。